5分でできた!?nexus7をroot化

rootを取る前に、「root化とはなんぞや?」って人向けに前回の記事でrootについて軽くまとめましたので、是非御覧ください。

ではnexus7のroot化を行いますが、

Android4.1.xとAndroid4.2以降では方法が異なりますので気をつけてください。

この記事ではAndroid4.1の場合のroot化手順を記載しています。

root化の流れは以下のようになります。

  1. 必要なファイルのダウンロード
  2. nexus7のUSBドライバ(3種類)をPC側でインストール
  3. ブートローダのアンロック
  4. root取得

では順番に見ていきましょう。


  1. 必要なファイルのダウンロード

xdaよりツールキットをダウンロード。

ツールキット、実は2種類あります。CUIによるもの、もう一つはGUIになっています。

CUIによるtool kit

CUIによるtool kit

GUIによるもの

GUIによるもの

個人的にはCUIによるもののほうが好みだったのでCUIによるものを使ってroot取得を行いましたが、GUIによるものは11月30日に最新版になってまして、こちらのほうが初心者の方にはわかりやすいと思います。どちらでも問題ないです、好みで(笑) 今回はわかりにくいCUIによるtool kitを用いて説明を書きますが、やることは全く同じです。

CUIによるツールキット

GUIによるツールキット

ダウンロードしたツールをダウンロード、インストールしておきます。

起動したところで、次の項目になります。


2.ドライバのインストール

必要なドライバは3種類あります。

  • bootloaderのドライバ
  • リカバリモードのドライバ
  • 通常時のドライバ

これらをインストールします。

tool kit 起動時

tool kit 起動時

起動画面で、「1」を入力しエンター。

1選択後

1選択後

これはPCのOSのバージョンによって選択肢が変わりますが、

僕の場合はWindows7なので「2」を入力しエンターです。

2を選択後

2を選択後

あとは「1」を入力しエンター、PCにドライバー3種類をインストールします。

ただし、これはツールキットを利用したドライバインストール方法なので、他にドライバのインストール方法を知っているのであればどれでも構いません。

AndroidSDKからインストールする方法、Nexus7の公式ページからドライバをダウンロードする方法、xdaにあるドライバをダウンロードする方法、いろいろありますが好きなものでどうぞ!

3種類のドライバがインストールし終わったら、次の項目です。


3.ブートローダーのアンロック
ではここからNexus7が必要になります。

尚、この「3.ブートローダーのアンロック」の際ストレージ内のデータが全て消え、設定も初期化して、工場出荷時状態になりますので注意してください。

また、ブートローダーをアンロックした時点で、基本的にはメーカー保証等が効かなくなっても文句は言えません。

2chではroot状態のnexus7を修理に出したら問題なく保証対象内だった、という報告が4、5件ありますが、あくまで自己責任ということは忘れないでください。

まずTOOL KIT初期画面から、「3.Unlock or Relock your bootloader」を選択。

次の画面では「1.Unlock bootloader」を選択。

bootloader unlock

bootloader unlock

この画面で「nexus7の画面をブートローダー画面にできたらyesと入力」と書いてあるので、支指示に従いブートローダー画面に移行します。nexus7をブートローダー画面にするには、nexus7の電源を落とした後、音量マイナスボタンと電源ボタンを長押ししてブートローダ画面に移ります。

ブートローダー起動画面とアンロック画面

ブートローダー起動画面とアンロック画面

この画面(ドロイドくんが倒れている画面)になった時点で、nexus7とPCをUSBケーブルで接続し、「yes」と入力すると自動的にアンロックが始まります。

「Complete.」と表示されれば無事ブートローダのアンロックが成功です。

再起動し、Googleのロゴ画面で鍵マークが下部に表示されているのがアンロック状態の証拠になります。

再起動後、再度アカウントやWiFiなどの設定を行い通常起動します。

その時、「設定」→「開発向けオプション」→「USBデバッグモード」をONにしておきます。


4.root権限取得

では、3.と同様nexus7を再起動しブートローダ画面にしておきます。

TOOLKITを初期画面にし、「4.root or unroot your device」を選択

次の画面では「1.root phone」を選択

再度「デバイスをfastboot画面にしたらyesにしろ」と指示されるので、ブートローダーが起動していれば「yes」と入力しエンター

その後自動でroot化処理が始まります。

「Root procedure completed. Rebooting back into Fastboot Mode」と表示されればROOT取得が完了していますので、再起動を行います。

superuserが表示されている!

superuserが表示されている!

再起動後アプリドロワーにsuperuserがあれば、root化成功です!お疲れ様でした。

これで「rootが必要なアプリ」(例:stickmountなど)が起動できるようになりました。

rootが取得できてしまえば、nexus7でできることが大幅に増えます。このブログでもいろいろなことを紹介していきますのでぜひ引き続き御覧ください。

root化後一番最初にしておくべきこと-リカバリの導入もあわせて御覧ください。

About these ads

5分でできた!?nexus7をroot化」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: nexus7をroot化したらまずすべきこと-カスタムリカバリーの導入 | 極 Nexus7

  2. ピンバック: nexus7のroot tool kitがバージョンアップ! | 極 Nexus7

  3. ピンバック: 最近のnexus7の気になる話/20140227 | 極 Nexus7

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中