【比較】タブレットに使うタッチペンはどれがいい?

こんにちは。在庫がなくて配送が遅れていた、激安のタッチペンがようやく届いてレビューする時間ができたので、レビューの続きというか比較を軽く紹介。

まず、スタイラスペンについては、過去に2つの記事を書いてます。

ここで、僕は2種類のスタイラスペンを購入したので先に買ったものを2つ列挙。

・単純に、手で操作すると画面が汚れてしまうので、手の代わりに操作するものとしての安いタッチペン

・安いタッチペンではできないような細かい作業とかできたらいいなぁという期待も込めた少し高めのタッチペン

ここでは、お絵かきアプリsketchbook proを使って使用感の紹介。

まず簡単な比較から。安いタッチペンはこんな感じ。

極nexus7 - スタイラスペン比較

細かい作業は不向きか。

まぁわかっていたけど、殆どのタッチペンがそうであるように、先端がゴムラバーなどになっていますが、範囲が広い為にタッチしやすいが、正確にはどこをタッチしているのかが把握しづらい。

でも、これは初めて使ってみてびっくりしたんですが、びっくりするくらいタッチしやすいです。100円で買ったとは思えない。

タブレットをタッチやIMEの文字入力のみに使うのであれば、本当にこれがあれば事足りるなぁと思いました。さくさく思ったように操作できます。

次に3000円で買ったJot。

慎重な操作が必要かも。

慎重な操作が必要かも。

ペン先が透明な板になっているので、どこをタッチしているか明確に分かるんですね。これはやはり大きな強みだと思います。細かな作業をするのであればこういったタイプのものが必須だと思います。

しかし、逆にペン先が細かったりするので、タッチの精度はゴムタイプのものなどに比べると少し悪いかなぁという印象。文字を書くにしても、普通のスピードで書いてしまうと途中で途切れてしまったりすることも。安いものに比べると、ゆっくりめに操作しないとだめかもしれません。

Jotを買った理由も、落書きをする用(笑)なんですけれど、以下は参考までにその様子を。

それぞれのペンでの写しの比較

それぞれのペンでの写しの比較

一番上の画像を、各ペンでなぞった画像が下の2枚になります。

上の黒の線がJot、青い線が安いタッチペン。

やっぱり安いタッチペンだと、どこをタッチしているかもわかりづらいし、操作している部分が見えないので全然綺麗に写せてませんね。

さっさとやってしまったのでどっちもきたねーよ!って話はおいておいてください(笑)

というわけで細かい作業においては絶対的にJotシリーズなどのものが優れていることがわかりますね。

まとめです。

  • タッチの精度的には、ゴムタイプや静電タイプなど、通常のタッチペンのほうが良い
  • 細かい作業をするのであれば、Jotシリーズなどの先端に工夫がされているもののほうが良い
  • 住み分けができるので、安いものと少し高めのもの、それぞれ買っておいて損はないように思う。

というわけで前回より掘り下げて比較を交えてレビューしてみました。

今もまだスタイラスペン、タッチペンで悩んでいらっしゃる方がいましたら参考になりましたら幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中