nexus7にcodefireXを導入してみた!

こんばんは!

実はこの記事、3日ほど前にnexus7で大部分を書いて下書きをしておいて、あとの微調整はPCからやろう、と少しおいておいたんですけれども、

どうやら下書きが消えてしまったらしく、また一から書き直していますorz

今回はnexus7に、4.2.1の最新カスタムROM、codefireXを導入した、という記事になります。続きからどうぞ。

初めにROMのリンク置いておきます。例によってxdaにあります。

[ROM][AOSP-4.2.1][LINARO][4.7.3-Toolchain] [SR1] OFFICIAL codefireX 4.2.1 Builds

いつも通り、romとgappsをダウンロードして端末ストレージ内に移し、リカバリーからインストールです。

 

まずドロワー。

codefireX起動時ドロワー

もうgoogle apps+αくらいですね。1画面に収まってます。

続きまして設定項目を見てみます。

codefireXロムは、追加の機能を1つのタブにまとめてくれているのが特徴です。設定→CFX Settingsの項にあります。

cfx setting1

Interfaceの部分。ステータスバーやナビゲーションバーの設定ですね。

僕の場合はナビバーのアイコンを4つにしています。

あとはpower button settingsから、ステータスバーなどを非表示にするexpand desktop機能を加えたり、recent app optionからall delete recent appボタンを加えたり、設定項目はたくさんあってうれしいですね。

Screenshot_2012-12-20-16-28-12

system項目。ここはほとんどいじらないことを推奨します。

ただし、disable logcatをするとスピードが若干あがるので、デバッグができなくなるかもしれないけどおっけー!って人はdisableにしておいてもよいでしょう。

Screenshot_2012-12-20-16-28-28

displayの項目。

ここは割といじりやすいですね。DPIの変更やTabletUI、dual-panel設定です。

Paranoid androidとかみたいに個別にDPIなどが設定できるのはやっぱり欲しい機能ですね。

今現在cfxではTabletUIが正常に機能していません。残念ですが更新を待ちましょう。

dual-paneは画像のように(メニューとメニュー内画面が2分割で表示されていますね)正常動作しています。

 

というわけで設定項目はこんな感じです。正直まぁまだ実用化できなさそうだなぁという感想。

そもそも、Android4.2ROMはやっぱりまだまだな感が否めないですね。バグも多いし。

僕は先日気になっているnexus7関連の最新ニュースという記事を書いたんですけれども、実はnexus7にmulti romの環境を導入しまして、4.1.2の安定したROMは既に入っているので、せっかくmulti rom環境整えたし4.2.1をいっちょ入れてみっか!という感じで入れてみただけです。

4.2.1の新機能も色々試しましたよ。マルチユーザー機能であるとか、あとnotificationのところがちょっと改善されてたりしてますね。

ロック画面にwidgetおけるーとか、lockscreen widgetというアプリも元からあるし、今のところ4.2に魅力は感じないというのが個人的な感想です。

まとめとしては

  • 設定項目が豊富なのが大きな特徴!
  • TabletUIにバグがあるので更新待ち
  • 4.2.1のロムの中ではparanoidなどに続く優秀なROMとなるか・・・・?
  • AOKPやAOSPロムは他にもあるので、このROMを選ぶ特別な理由もないかも?

という感じ。他のROMもまたレビューしてみます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中